今日は“ドイツパンの日”

今年日独交流150周年を記念して、毎年10月3日を「ドイツパンの日」と設定されました(日本記念日協会認定)。
今日は、ドイツパン協会主催、鳥越製粉㈱・CSMジャパン㈱・ドイツ食品普及協会協賛で、ドイツパンやドイツ食材の紹介や有識者によるセミナーが行われました。

ドイツは「パンの国」と言ってもいいほど豊富な種類のパンがあります。
その数は大型パンで300種類以上、小型パンや菓子パンは1200種類以上あるといわれています。

ドイツパンの特徴は、原材料に小麦ではなく、ライ麦が使用されているところです。
また、発酵種としてサワー種を使用しているのも大きな特徴です。
ライ麦と小麦の配合率の違いや種類によってパンの名前が違います。
例えば、小麦粉を90~100%配合したものは「ヴァイツェンブロート」
小麦粉を主体にライ麦を配合したものは「ヴァイツェンミッシュブロート」
小麦粉とライ麦を同量使用すると「ミッシュブロート」
ライ麦粉を主体に小麦粉を配合したものは「ロッゲンミッシュブロート」
ライ麦粉を90~100%は「ロッゲンブロート」と呼ばれています。

ドイツパンのおいしさの秘密は、「独特の酸味」「黒っぽく濃い色」「香り」
肉やチーズ、酸味のある料理との相性がいいのも特徴です。

私も今夜は、ビールとドイツパンが夕食でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です