4月4日はあんぱんの日

1875年(明治8年)4月4日、明治天皇が水戸藩下屋敷へお花見に訪れる際に献上したのが、「あんぱん」でした。

これを記念して4月4日は「あんぱんの日」とされています。

明治天皇の侍従をしていた山岡鉄舟が木村屋を訪ね、「水戸の下屋敷のお花見で天皇陛下にあんぱんを召し上がっていただこう」と木村安兵衛に申し出ました。これは、京都の和菓子に替わって新しい試みでした。

安兵衛とその息子の英三郎は「何か記念になるあんぱんを召し上がっていただきたい」と、従来パンは舶来物というイメージがあったので、日本らしい物をと、桜の塩漬けを入れてあんぱんを作りました。

酒種生地でこし餡を包み、奈良の吉野山から八重桜を取り寄せて塩漬けにし、あんぱんの真ん中に埋め込みました。

このあんぱんは、皇后陛下にも大変喜ばれて、この後も献上されたそうです。

この桜あんぱんは、木村屋の看板商品になり、現在も愛されています。

写真は、キヨスクで買った木村屋の袋パン(つぶあんぱん)です。

4月4日はあんぱんの日” に対して1件のコメントがあります。

  1. まりな より:

    こんにちは、まりなです!
    あんぱんの日だったなんて知らなかった・・・!あせって今日食べています・・

    明日4月6日のHTB「イチオシモーニング」のイチオシすく~ぷというコーナーに

    「パン好きの女子高生」というタイトルで出ることになったのでもしよろしければ

    見てみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です