詩とパンと珈琲 mon coeur~モンクール~

1167

2009年12月24日にグランドオープンした「詩とパンと珈琲 モンクール」です。

「なぜに詩?…」と誰もが気になる店名の由来は、訪ねてみればわかります。

1168

手作り感が伝わってくるシンプルな店内では、約60種類のパンを対面販売でサービスしています。

ライ麦と小麦で10年かけて種継ぎをしてきたルヴァン種を使って、コクと風味のいいパン。

菓子パンに使う自家製酵母は、先のルヴァン種をベースに小麦を増やして低温熟成させたマイルドな酵母を使っています。

オーナーシェフの高橋宏文さんは、10年前に札幌のディーズショップ(現在閉店)でパン職人としてパンの世界に入り、その後自宅で自家製酵母をつなぎながらパンと焼き菓子作りを続けてきました。

ベジタブル&フルーツマイスター、いわゆる野菜ソムリエの資格を取得した高橋さんのパンは、旬の野菜をパンに活かした体にやさしいパンにも力を入れています。

1169

春菊パン(100円)は、春菊独特の苦味を感じることなく、むしろ香りのいいハーブのようなパンでした。

クリームパンは大人気。セモリナ粉を使った塩なしパンは健康志向のお客様のベストバイ商品とか。

他に「ブルーチーズ&くるみ&キャラウェイ(220円)」は、深い赤ワインに合います。

1170

店内奥のカフェコーナーでは、パンと一緒に高橋さんのパートナーである城(しろ)さんがネルドリップで淹れるマイルドなコーヒーを飲むことができます。

このネルドリップのネル地は、秋田から取り寄せて手作りする程のこだわりです。

そして、城さんは詩人です。凛とした言葉のつれづれに、ゆったりした時間の流れを感じる城さんの詩集をはじめ国内外の詩集などがたくさん本棚にありました。まさに私は「詩とパンと珈琲」を堪能しました。

1171

親しみやすくて、笑顔の素敵な高橋シェフ

<詩とパンと珈琲 モンクール>

札幌市中央区北3条西18丁目2-4(南向き)北3条ビル1階

営:平日11:00~20:00 /土曜9:00~18:00

休:日曜・月曜・祝日

詩とパンと珈琲 mon coeur~モンクール~” に対して 2 件のコメントがあります

  1. ゆき より:

    きゃ-。ここ決定です!いきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です