炭火自家焙煎珈琲 アルチザン

炭火自家焙煎珈琲 アルチザン1998年にオープンした、炭火焙煎コーヒーの店。

「アルチザン」はフランス語で職人の意味。
焙煎職人を自負する店主の杉山さんは、豆の中までじっくり火が通る炭火にこだわっています。
あくまでも主役はコーヒー、そのコーヒーを美味しく飲むための自家製パンを作ったのが大人気となりました。

パンの種類は、全部で20~30種類。それを毎日日替わりで約5種類が、店頭に並びます。
店内メニューには、パンサラダ、生ハムサンド、マフィンオープンサンドなどの軽食もあります。
取材当日は、アーモンドのパン、さつまいものパン、よもぎあんぱん、カンパーニュ、シナモンロール、コーヒーパンが、ありました。

シナモンロール(¥150)は、北海道産小麦の生地にたっぷりのシナモンを巻き込んで、さらに仕上げにまたシナモンをかけて、しっかりした味をつけます。
コーヒーパン(1ホール¥900・1カット¥150)は、コーヒーの粉を生地に混ぜ込み、洋酒漬けのアップル、パイン、チェリー、オレンジ、レーズンが、軽い甘さでパン全体の味をまとめている。

炭火自家焙煎珈琲 アルチザン<炭火自家焙煎珈琲 アルチザン>
小樽市稲穂2丁目5-110
電話:0134-23-3300
営業:9:00~19:30(日曜~19:00)
店休:不定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です